大塚家具株価なぜ上がる、社長交代と感謝セール 大塚家具株価PTS

お家騒動”の大塚家具ですが株価なぜ上がるのか?親子対決のネガティブ
を払拭する社長交代と感謝セール、大塚家具の株価に影響を与えていると
思われているPTSについて考えてみました。

大塚家具,大塚久美子社長

大塚家具 大塚久美子社長

大塚家具株価なぜ上がるのか?

長女の大塚久美子社長(47)と父親で創業者の勝久会長(71)の

解任を求めたことに端を発した異例の株主総会での親子対決

父親と娘が社長の座を取り合いという異例の事態となりました。

しかし、社内で内紛の決議を株主総会での議決によって行った大塚家具ですが

大塚家具,株価,上昇

大塚家具株価上昇

内紛の決着した、3月26日を境に

ごらんのチャートのように株価は急激に上昇

そして現在も約2倍と高止まりしています。

大塚久美子社長の組織全体を変える会見

大塚家具大塚久美子社長の会見が大きく市場にアピールした!!


大塚家具社長が会長の父に反論 「組織全体が変わるタイミング」

(2015年4月24日現在)

大塚家具の株価が急激に上がったのはPTSの影響もあると考えら得ますが

高止まりの要因には

社長交代の会見の市場への理路整然とした持論とスピーチの上手さと

女性ならではの感謝セールがネガティブな内紛を

もうまく変えて市場アピールに持っていった感がありますね。

大塚家具の感謝セール

株主総会で親子対決のお騒がせした、

ご迷惑、お詫びセールとも言われていますが

客足想定以上で期間延長を実施するようです。

新宿や仙台、名古屋、大阪の店舗では久美子社長自ら陣頭に立って

ご挨拶。93万5000円(くみこ)の高級ソファーの大奉仕など

話題を誘いました。

大塚家具は4月18日から実施している「大感謝フェア」を5月10日まで期間延長すると発表した。

大塚家具株価とPTS

PTSとは
取引所金融商品市場外取引の事で
各証券会社がもつ「私設取引システム」といわれます。
簡単にいうと「夜間取引のシステム」というとわかり易いでしょう。

証券市場の取引時間は前場 後場とっいって
・前場が9時~11時30分、
・後場が12時30分~15時10分
(東京証券取引所のみ後場が12時30分~15時まで)
の時間内で取引されますが
PTSは時間外で取引ができるシステムです

Proprietary Trading Systemの略語

大塚家具株価もPTSで取引ができます。

通常、株主からネガティブな反応を受けやすい社内紛争ですが

株主総会の決議から久美子社長の

会見が始まったのは26日の午後2時と市場が閉まる1時間前

この会見が一般投資家に好感を持たれたのだとの見方です。

この少し後の株式市場の閉まった時間帯に市場が会見反応して、

ストップ高を招いたと考えられます。

PTSのメリットは

証券取引所の取扱い時間外でも取引が出来ることです。

⇒そのため決算発表後に取引が出来る
(業績確定後に翌日までに取引ができる強み)

証券取引所で取引する手数料より安い

などのメリットがあります。

このような要素が絡み合って

大塚家具株価は上昇していると考えられますね。

コメントを残す

このページの先頭へ