老後破産の現実と退職金投資 老後資金もし3000万あったら運用は?

預貯金が底をつく、住宅ローンが払えないなど、我々をとりまく環境の中で
老後破産の現実は厳しいものがあるのは間違いありません。

退職金を最後に、収入が無くなる定年後も長い人生が続きますので、老後破産を避ける為にも、預貯金だけに頼らず投資として株や投信を一定割合を持って老後資金としての資産形成する事は大切です。

退職金が3000万あったら運用は?

老後資金もし3000万あったら運用は?
と考えるとどしても増やす事ばかりに目がいってしまい
リスクに目が行き届かなくなるものです。

冷静に考えればわかるのでしょうが?
いきなり、退職金という、今まで手にした事の無い大金が舞い込んでくるのですから
気が大きくなるのも無理はないかもしれません。

しかし、人間は経験でしか学ぶ事が出来ない生き物です。
今まで、何の運用経験も無いのに、いきなり退職金が入って
大金を投じるのは危険だとうことです。

老後破産の現実で注意しなければならない事の1つとして
退職金の投資の失敗があります。

それでも、無謀な退職金の投資防ぐ
失敗しない投資家になるには若い頃から、
少しづつ投資経験を積んで行く事が欠かせません。

無理の無い額で積み立て投資などを始めて失敗も含めながら
ノウハウを構築して行くのが一番です。

このような経験の無い方が、一度に退職金を多く投資に充てるのは
やめるべきでしょう。

コメントを残す

このページの先頭へ