老後破産しないために知っておきたい年金のこと

老後破産年金に対する理解や意識が低いことが問題であるといえます。

老後に破産しないためには若いうちから年金の資産をしっかり行うことが強です。

年金額を知りたいなら、年金定期便、年金ネットを使いましょう。

老後の収入の主なものは、国の年金、つまり公的年金です。

高齢者白書によると、
65歳上で構成される高齢者世帯の約7割は
総所得に占める公的年金等の割合が80%以上ということです。

つまり多くの人の老後の生活が国の年金に支えられているということがわかります。

年金のことを知ろう

これから先ますますすぐ高齢化によって、年金財政は厳しくなります。

その影響から、支給開始年齢は今よりもっと繰り下がるでしょうし、
支給額の水準が低くなることも予想されます。

しかし、一生涯受け取ることができる国の年金は、
私たちの老後を支える柱です。

50代の早いうちから自分がリタイヤした後、
何歳から、いくらのいくらの公的年金を受ける取れるのか?

を把握しておくと、老後の生活を具体的にイメージできます。

まずは、自分は老後、どれくらい便器を受け取れるのかを確認してみましょう。

具体的な年金の確認方法は、毎年誕生月に日本年金機構から送られてくる、年金定期便と言う葉書をしっかり見ることです。


50歳になると、年金定期便には、老齢年金の見込み額が記載され始めます。

これを見ると、現在の条件で60歳まで加入した場合に、
何歳からいくらの老齢基礎年金老齢厚生年金を受け取ることができるかが分かります。

現在の条件で60歳まで加入した場合とは、遅延量の人は、
これから60歳まで国民年金を原料をちゃんと支払った場合です。

会社員の人は、今の給料水準が60歳まで続いた場合です。

60歳を過ぎても引き続き働く場合は、手取り額が見込み額よりも多くなります。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ