年金 不足額はいったいどれくらい|老後の生活費から考える 年金 生活費 不足

Alexas_Fotos / Pixabay

  • 年金 不足額はいったいどれくらいなのでしょうか?
  • 不足分はどう賄うのか?
  • 年金不足分は生活保護がでるのか?

老後の生活費から考える
年金 生活費 不足

年金 不足額ってどれくらい

老後の生活ですが、年金の不足が心配ですね。
では、いったいどれくらいの金額が不足するのでしょうか?

年金 不足は生活保護なんてことはありえません。

自分で年金で不足する生活費をなんとかするしかないんです。

老後の生活費から考える
年金の不足分とはどれくらいの金額でしょうか?

将来の年金額を把握したら、次に考えるべきこと

いつからいくらの年金を受け取ることができるかを確認し整理した後は、
「その金額で生活をすることができるか」を考えましょう

年金 不足分を考える前にまずは年金支払い金額をみてみましょう。

現在、例えば夫が65歳の時は、
年額1,340,000円。月額では195,000円の年金が支給されます。

夫が66歳から67歳の時には月額200,000選円が支給されます。

68歳以降は月額23万2,000円です。その後夫がなくなるまで、
国から支給される年金はこの金額で固定されます。

(実際には物価とうの情勢に応じて金額が変わります )

現在と老後の生活費を比較

年金 不足額を考えてみましょう。

次に、老後の年金月額と、現在の月額生活費を比較してみましょう。

現在の月額生活費が、300,000円だとすると、国の年金だけでは、
夫が65歳から67歳の時には月に約100,000円不足します。

そして、68歳以降は月70,000円程度不足します。

もちろん、現在の生活とリタイア後の生活は同じではありません。

一般的にリタイア後の生活費は、働いている子の70%程度だと言われています。

リタイア後の生活費を削減

年金 不足 生活保護

しかし、実際には家族によって過程によって様々なので、
現在の生活費を基準にして、
リタイア後の生活費をいくらに見積もるかを考えてみる必要があります。

現在の生活費を、家賃や水道光熱費、通信費等のようにイタリア語も必ずかかる費用と、
お小遣いや洋服代などのようにリタイヤ後、
工夫すれば削減できる費用に分けて個別に見ていく必要があります。

老後の生活を楽しむ工夫を

家計費を必ず削減しなければならないと言うわけではありません。

と言うものも、収入に生活を合わせた結果、
老後の生活がつまらないものになっては意味がないからです。

また、国の年金以外に、会社の年金(企業年金)の19がある人の場合は、
企業年金額も含めて考える必要があります。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ