住宅ローンの完済年齢は何歳くらいにすればよいか?

Tumisu / Pixabay

人生で最も大きな買い物住宅

住宅ローンを何歳で完済するかのプランですが迷いますよね。

住宅ローン は、新築か中古そして組んだ年齢、借入金額、収入、子供の人数、価値観等によって
かなり変わってきます。

フラット35が通り易い?

50代で住宅ローンを組みたい 今、仮契約しているが本当に払えるのか不安

住宅ローン完済年齢75歳この計画は夫婦で大丈夫

ローン返済額は家賃より安いが35年払いで本当に大丈夫だろうか?

などなど、住宅ローンの期間と完済年齢については沢山の悩みがあると思います。

住宅ローン事前審査の基準は、各金融機関で異なりますが

「継続的な安定収入が見込める事」が条件であれば勤続年数に比例して
フラット35が通りやすいという条件はあります。

フラット35だと、35年払いなので月々の支払いが安くなる。

家賃より安いので飛びつきたい感覚はわかりますが、

40歳でフラット35でローンを組むと完済が75歳

それより、短くすると月々の支払額が大きくなるという悩ましい現状がありますね。

リタイア後に住宅ローンが残るのは老後破産予備軍?

現在はかっての高度成長期とは異なり、毎年収入が上がるような時代ではありません。

収入の伸びが期待できない老後環境

それどころか、景気や会社の業績が5年くらいの感覚で好不調を繰り返し、
私たちの収入はその影響を直接受けるようになってきています。

年金を目当てにしていても
リタイア後の生活は国の年金だけでは必ず不足します。

そのため収入のある30代~50代の今から老後の資金の準備しておかなければ
老後の生活を維持することはできません。

現在の自分の生活を守っていくと同時に、老後の事まで意識しておく必要があるのです。

会社員、自営業者ともに、
現在あなたが置かれている状況を冷静に見極めて、
これまで老後の資金の準備ができていない人はすぐに始めましょう。

しかし、それができていない人は
次のような老後破産予備軍になっている可能性があります。

退職金や企業年金のない会社で定年時に住宅ローンが残る人は要注意

住宅ローンの完済年齢は何歳ですか?

退職金や企業年金は、
不足する老後・リタイヤ後の生活費を補うことができるありがたい制度ですが、
この充実した退職金や企業年金の仕組みが整備されている会社は一握りの大企業だけです。

世の中には、退職金や企業年金がない会社もたくさんあります。
そんな会社に働いている人が、老後の準備を怠っていると、後悔することになります。

また、そんな状態で、住宅ローンの完済 年齢を70歳~75歳などの
定年後に設定していると少ない年金の中からローンを返済しなければならなくなってしまいます。

定年時に繰り上げ返済をして、負担を減らし返済期間を若くしようと思っても、退職金がなければそれもできません。

まずは、焦って早く契約をしないことが重要

決算の都合で契約をなるべく早く というのは住宅会社の営業の常套句です、しかし家は焦って購入してはいけません

住宅ローン組み入れの見積もりの中外構工事などは入っていなかったりします。

また、よく主宅の営業が言うローン返済額が今の家賃よりも安いにだまされてはいけません。

住宅ローン と家賃とは一緒ではありません。

家を持つと固定資産税はかかるりますし、賃貸のように修繕費積み立てはないので
設備が壊れたときに大きなお金がはかかります。

また、適切な大きさの家を購入しないと維持費と手間 もかかります。

住宅の性能も考えないと光熱費だけで 年間10万円、20万円くらい上がってしまうこともありまうs。

将来転売を考えるにしても売れる物件一握 りです。

また、特に50代で新たな住宅ローンを組む場合には、
多額なローンはするべきではなく返済期間はせいぜい65歳位までに留めておいた方が良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ