ふるさと納税 確定申告不要 申請における条件 ふるさと納税の改正

2015年の1月に閣議決定されたふるさと納税の改正は確定申告不要という「ワンストップ制度」 申請における条件がついた事によって一層の加速を見せている。

確定申告不要,条件,申請

確定申告不要

確定申告不要の条件

まず、改正のポイントで嬉しいのが条件を満たせば確定申告をしなくてよいということだ。 その条件は

  1. 確定申告をする義務が無い事(会社員など)
  2. 4月以降で1年間の寄付が5カ所以下 (2015年度のみ4月以降)

この2つの条件を満たせば確定申告の申請義務はなくなる。

確定申告なしを申請するには?

では、この制度(確定申告をしない)を利用したい方は どのような手続きをすればいのだろうか? 確定申告なしを申請するには 寄付先自治体に「ワンストップ制度」と呼ばれる制度の利用を申請する必要がある。 手続きは簡単で、申し込み用紙やフォームに「ワンストップ制度」の利用チェック欄があると思うのでそこにチェックを入れれば、上記の2つの条件に合致していれば確定申告は不要となる。

※「ワンストップ制度」とは

ふるさと納税先団体に申請することにより確定申告不要で控除を受けられる手続の特例の事 (ふるさと納税ワンストップ特例制度)を略して「ワンストップ制度」といっている。

コメントを残す

このページの先頭へ