老後破産の現実 老後破綻とは老後破産から身を守る老後破綻 住宅ローン

厳しい老後破産の現実が今、新聞やメディアで賑わいを帯びている。
老後破産という形で激動の人生の最期を迎える人が急増中だ。

老後破産の現実

老後破産

老後破産

老後破綻の現実についてはNHKNHK スペシャル「老人漂流社会 “老後破産”の現実」などのテレビでレポートされ衝撃を受けた方が多いと思う。

老後破綻とは

定年退職後職を持たず、年金受給までの期間に資産や資金を使い果たし借金地獄に陥る状況で現代社会では定年後も続く住宅ローンや生活水準の維持の為に収入より出費が多くなる事による自己破産状況だ。

当然、若い頃の様に働く事も出来ず
破産に追い込まれてしまう。

経済的、社会的に悲惨な状態での人生の最後を遂げたいなどとは誰も思いはしないだろうが、

高齢、独り身で 余裕資産のない日本の年金生活者の驚くべき生活の実態が明らかにされるつある。

今後、労働世代の人口は減る一方、年金の担い手が減って、年金の受給者が増えてゆく日本社会では誰もが避けては通れない老後社会だが、

自己破産や破産といわれるような形で人生の最後を迎えるのはどうしても避けたいところだ。

老後破産から身を守る

老後破綻と呼ばれる現象の多くは、社会保障制度が高齢者が必要な支出や生活水準に追いつい行っていないために発生している場合が多いが、社会制度の変革だけでは改善されるものではない。

自らが意識して取り組まないと行けない大きな問題だ。

老後破綻と住宅ローンは密接に繋がっている。

定年後もローンを支払うフラット35などの住宅ローン融資を受けている人も多いと思うが
定年後の収入の無い環境での大きな支出となる住宅ローンには慎重に取り組む必要がある。

読んでおきたい本ですね。

また、細かな事であるが
なるべく若いうちから保険などの見直しについて検討してみる事もオススメだ。

チリもつもれば山となる

老後破綻を招かない様にまずはローンや保険の見直しに着手してみてはどうだろか。

コメントを残す

このページの先頭へ