平均的な年収で私立中学に通わせる時の3つのチェックポイント

By:

私立中学の学費が、家計を圧迫して、老後破産につながるケースもあって注意が、必要です。

学費と生活費と貯蓄の3つをバランスよく配分しないと、老後に問題を抱え込む結果となってしまいます。

平均的な収入の家庭で、子供を私立の中学に通わせる時のチェックポイント

  • 私立の学費 教育費用を把握する
  • 保護者同士の付き合い費用も考える
  • 生活費を切り詰めて貯蓄に回す

世帯収入が平均的なのに、子供を中学から私立に通わせる人は、老後の生活に要注意です。

私立中学の学費 教育費は

私立中学の学費は、
教育費は、全体で、いったいどれくらいなのでしょうか?

私立の中学によって変わりますが
子供を私立の中学、高校に通わせると公立の3倍位の教育費がかるといわれています。

もちろん、公立の中学は義務教育なので、学費はほとんどかかりませんんが、私立では、授業料を始め様々なものが有料となっています。

保護者同士の付き合いもバカにならない。

また、有名私立では、お金持ちの家庭が、圧倒的に多く保護者同士でのコミュニティが形成されています。

テレビドラマなどで見れれるのは多少オーバーでしょうが、

保護者同士の付き合いにも、それなりのお金がかかってきます。

なので、お付き合いにかかる費用も見ておかなければ後から、こんなにかかるの?

と、いう結果になりかねません。

貯蓄と教育費のバランスを

子供の数にもよりますが、世帯年収が800万円位あったとしても、私立学校に通わせると家計にゆとりはなくなるはずです。

収入が少ない家系はもっと苦しいと思われます。

教育を優先するあまり、自分たちの老後資金の準備ができていないでいると結果的に
将来は子供に助けてもらわなければならない事態に陥るかもしれません。

なので、私立の中学に通わせる場合は少し早めの、学資保険などの貯蓄をしておく。

また、私立に通っている間は、少し生活費をを切り詰めて、その間も貯蓄に回せるお金を工夫して捻出することが、老後破産を招かないために考えておくことです。

まとめ

平均的な年収の家庭で子供を私立中学に通わせる時にチェックしておくべきこと

・私立の学費 教育費用を把握する
・保護者同士の付き合い費用も考える
・生活費を切り詰めて貯蓄に回す

子供の能力を活かす、教育を受けさせるのは親の義務です。
しかし、家計が回らなければ、どうにもなりません。
上記のポイントを把握して
支出と収入と貯蓄のバランスを考えましょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ