賃貸住宅で貯蓄がない人は老後破産予備軍

/ Pixabay

老後の住まいは賃貸で大丈夫?

住宅ローンが、老後の生活費全体に与える影響は多大なものがあります。

では、現在、持ち家でなく、賃貸に住んでいている方が
老後は大丈夫なのでしょうか?

そうでは、ないようです。

一番、危ないのは
賃貸住宅で暮らしているのに、貯蓄がない人です。

現代 社会では、会社の転勤などもあり
賃貸住宅で暮らし続ける人が増えています。

これ自体に問題はありませんが、
賃貸なのに貯金がない人は老後破産予備軍と言えるでしょう。

マイホームを持っていない人が、リタイアしたあとも
賃貸住宅に住み続けるつもりなら、

老後資金として月々の家賃も想定しておく必要があります。

収入が無くなった分、賃貸の家賃はボディブローみたいに
生活費全般に影響してきます。

現在、社宅などのいい条件で、賃貸住宅に住んでいても
定年で会社を辞めると個人契約で賃貸住宅を借りるほかありません。

老後の生活水準に合わせて、安い賃貸の住宅に住み替えるにしても、
一定の家賃負担は生涯にわたって続きます。

マイホームを買わなかった分、貯蓄ができていれば良いのですが、
貯蓄が十分でない場合は、年金の中から家賃を払い続けなければならなくなります。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ