生活保護を受けるには?生活保護の申請条件は甘くない

bowker785 / Pixabay

生活保護を受けるにはどうしたらいいのでしょうか?などの質問がありますが
生活保護の申請条件は甘くない楽して老後なんてありえないんです。
生活保護は簡単に受給できない事を知りましょう。

 

老後に生活保護はあてになるのか?

年をとってもやりたいことやって人生を楽しんでやろうと思って

いるサラリーマンの人は多いと思います。

でも、そのお金は?

好きなことをやってお金がなくなったら

生活保護をあてにする?

そんな淡い期待を持っている中高年が増えているそうですが。

生活保護を受けるには?

奥さんはたまったものではありませんよね。

よく、老後の家計の相談時に

こんな発言をするのは主に夫のほうにに多く見られます。

心のどこかで自分が先に逝くとの思いがあるからかもしれません。

自分の最期は妻にとってもらい、

あとは知らない

それでは、実際に生活保護の対象になるのは夫ではなく妻だけです。

それでは妻もたまりません。

生活保護とは

生活保護は最低限の生活を送れない時に、

その不足分に限って税金を財源にして支払える救済的な措置措置制度です。

そのため、生活保護は、そう簡単に支給できるものではないと

いうことを知りましょう。

生活保護を受けるには?

生活保護が適用できるかどうかは

まず、貯蓄や財産住宅年金などが調査されます。

子供がいれば子供が扶養できないかも調査されます。

使っていない土地や車などがあれば売却などをして生活に充てることが求められます。

働けるるのなら働いて稼ぐ事が要求されます。

親族などから援助を受けられれば、その援助が優先されます。

生活保護の申請条件は甘くない

つまり生活保護を受けるとかなり生活の自由が制限され束縛されるのです。

そもそも生活保護の財源は国の税金です。

生活保護を受けることは自立して一生懸命働いて生活が苦しくても

真面目に税金を払っている人達からね施しを受けていることになるかななのです。

最初からそれを頼りにすべきではありません。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ