年金の改定 減額は、いつから行われる可能性が高い?

 

少子高齢化の影響で国の年金は現役世代の人口減少で負担が大きくなり
支払えなくなってきています。当然、年金の改定 減額が検討されれば
どこかを区切りに、いつから減額となるかが非常に注目されます。誰もが自分のところで減額とはなりたくないものです。

年金の改訂 減額はあるのか?

国の年金は将来 改定されて減額される可能性が高いということは間違いなく言えます。

国の年金は一生涯受け取ることができます。

ただ、高齢社会に突入した日本の年金財政は今後

ますます厳しくなっていくことが確実です。

お年寄りにあてられている年金の原資は現役世代が支払う年金保険料と税金です。

現役世代は子供やマイホームのローンを抱えていますので

いつも家計が苦しい人たちです。

日本の社会は平均寿命が伸びてきていており、高齢者が増えていますので

現役社会世代から徴収する年金保険料や税金を増やすのではなく、

高齢者1人当たりの支給額を減らすのが筋なのです。

年金 減額 いつから どこから

しかし、なかなかそうはいきません。

なぜなら今受け取っている人の年金を減額することは

既得権益に立ちいることになるからです。

そのため、今受け取ってる人はともかく

これから受け取る人から減額しようとなりがちなのです。

といっても減額の対象は財産や年金以外の収入がある人

年金が減っても比較的傷みの少ない人などが

中心になると思われます。

しかし、どこで線引きされるかによって、あなたが減額の対象にならないとも限りません。

50代以下の人たちは年金受領額は今の水準より引き下げられる可能性が高いと考えて

おいて間違いないでしょう。

■年金 減額 いつから
■年金 改定 減額

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ