自営業 老後 資金 いくら 必要|自営業 年金と老後の不安について

自営業の人は老後の資金は、いくら必要なのでしょうか?サラリーマンと自営業の年収を比較すると自営業の人は年金の面でも老後に不安が多いといえます。自営業の人の老後 資金についてシュミレーションしてみました。

自営業 老後 資金 いくら 必要

自営業の人は老後 資金は いくら 必要なのでしょうか?

サラリーマンと自営業の年収を比較すると

自営業の人はサラリーマン以上に老後の備えが必要であるという

実態が見えてきます。

自営業 年金 少ない

サラリーマンと自営業の人の年金を比較すると

自営業の人が65歳から受け取る国の年金は国民年金(基礎年金)のみです。

会社員のように国民年金と厚生年金が支給される。

2階建ての仕組みにはなっていません。

また、2014年4月現在

現在の国民年金の月額は1人満額6万4400円です。

自営業の方の年金は妻も 合わせても

月額13万円くらいです。

自営業の人の年金はサラリーマンに比べて少ないのが実態です。

しかも、

現在の50代以上の人はサラリーマンも含めてですが

20歳から就職するまでの大学時代の数年間など

過去に未加入期間がある人も多く、

実際に満額を受け取る人はほとんどいないのが実態です。

自営業 夫婦で老後資金 いくら必要?

自営業の方の夫婦でざっくりと年金のシュミレーション計算をしてみると

自営業が平均寿命まで生きた場合、

受け取れる国民年金の総額は夫婦2人で約3300万円

一方 老後の生活費などの支出総額は約8700万円となります。

差し引くとマイナス5400万円です。

-5400万円、、、、

単純計算するとこれだけの金額を一生涯で準備する必要があるのです。

自営業 老後 不安

自営業は定年がないので一生現役と言われます。

しかしフリーランスの人たちはスキルと体力だけが資本です。

自営業 大変さは

将来働けなくなり収入が途絶えることも考えられますから、

会社員以上に早くから準備を始める必要があります。

自営業 老後 生活費の実態

現在の自営業の方たちの老後の実態は

年老いて事業を廃業して65歳を過ぎている方で

夫婦合わせて国民年金は月に12万円くらいなのが実態です。

それだけでは生活費だけでも、とても暮らしていけないので、

子供が毎月お金を出し合って、両親の生活を面倒みています。

自営業に定年はありませんが、

いつまでも若い頃のように仕事を続けくくっていくことはできないでしょう。

ですから捧げるときにしっかり稼ぎ、老後のために貯金など蓄えることが必要なのです。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ