老後に必要な お金 夫婦 シュミレーション 老後に必要なお金はいくら?

夫婦で老後に必要なお金は、いくら必要なのでしょうか?60歳から年金の受給までの間を含めて平均寿命まで生きたとして老後に必要なは?老後破産 対策としてお金の夫婦 シュミレーションを実施したら大変!こんなに必要なんです。

老後に必要な お金 夫婦でいくら?

老後に必要な お金はいくら必要なのでしょうか?

老後は3000万円あっても足りないと言われていますが本当なのでしょうか?

楽しい老後、リタイア後は誰にも縛られないのんびりした生活を期待して今まで働いてきた人は多いと思います。

しかし、老後に必要な お金は夫婦で3000万円あっても足りないという事実があります。

現に、大手企業で退職直後に3000万円あったのに、

それでも夫婦で生活費が足りないと言う人がいます。

これでは貯金と退職金を切り崩しても貧窮した生活に陥っていくということです。

老後破産の原因

老後破産という言葉を最近耳にします。

老後破産はNHKのテレビ番組などでも特集された社会現象です。

※「老後破産の現実 NHK」

老後破産とは

老後にお金がなくなって破産

もしくはそれに近い状態に陥ることです。

現実に起きている話です。

なぜこんなことが起こるのでしょうか?

老後破産の原因は以下のようなことが考えられます。

  • 65歳からの年金の受給による退職後無収入時期の発生
  • 生活費の高沸による年金収入との逆ざや(赤字)
  • 長生きリスク

などです。

老後破産 対策 老後に必要な お金 夫婦 シュミレーション

とてもざっくりですが、老後破産 対策を考えるうえでも

夫婦2人の場合でシュミレーション計算してみましょう。

夫婦2人の年金収入

厚生労働省が発表している

夫が会社員、妻が専業主婦のモデル夫婦の年金額で

現在65歳以上の標準的な夫婦2人が受け取っている国の年金額は

2人合わせて月額22万9000円です。(2014年4月から)

夫婦2人の支出(生活費)

一方、支出の方ですが

総務省の家計調査によると

高齢夫婦で無職世帯の1ヶ月の支出額は月額27万円です。

この時点で毎月4万1000円の赤字がわかると思います。

年金受給できない時期の支出赤字

また、現在の制度では、60歳から64歳までの間は、国の年金を受け取ることができません。

この間勤労収入がない人であれば月に27万円の生活費が全て貯蓄を取り崩して賄うことになります。

つまり60歳で定年で無収入であれば

27万円×48ヶ月(最長)=1296万円の赤字です

65歳になれば夫婦で月額22万9000円の国の年金を受け取ることはできますが

月に17万円の生活費を差し引くと、毎月4万1000円の赤字にになります。

夫婦が同じ歳で60歳から平均寿命まで30年生きたとすると。

1470万円の赤字となります。

つまり、1296万円+1470万円=2766万円

老後に必要な お金 夫婦 シュミレーションをしてみると

年金収入で賄えない金額はなんと2766万円≒3000万円なのです。

つまり国の年金だけではざっくり夫婦で総額で約3000万円不足するという

シュミレーションになるのです。

老後破産 対策として夫婦で最低3000万は必要

将来少子高齢化の影響で年金財政がますます厳しくなることを考えれば、

私たちが受け取る国の年金は今より減額されることが予想されます。

生活費の月27枚はあくまで普通に暮らしていくための費用です。

ゆとりある生活を送りたい。死後に子供たちにいくらかの財産を残したい。

そう思うと、国の年金以外に準備しておく金額は計2700万円では到底足りません。

一定の生活水準を維持しながら、老後を暮らしていくためには3000万円を

上回る準備金が必要となります。

ざっくりしたシュミレーションでは

ありますが、机上の空論ではなく、現実に迫っていることを考えなければなりません。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ