年金を担保にお金を借りる方法

年金を担保にお金を借りる方法ってあるのでしょうか?
老後の資金調達は何かと難しいと聞いています。まとまったお金を年金を担保にして借りる方法は?

年金を担保に融資は受けられない?

年金は国民年金法第24条に、「給付を受ける権利は、譲り渡し、担保に供し、または差し押さえることができない」とされています。

そのため一般の金融機関や企業からは年金を担保にお金を借りる方法はありません。

もし一般の企業がそのような貸し出しを行っていた場合、それは違法行為ですので絶対に借りないよう注意しましょう。

例外的に年金でお金を借りる方法

ただし例外としてお金を借りる方法はあります。
実は独立行政法人福祉医療機構と株式会社日本政策金融公庫はこの法律の適用外として扱われているのです。

この2つの機関で申込をした場合、手数料はかかりません。
また、申込をする場合は受給者本人でなくてはなりません。
恩給や災害補償年金を受けていないと利用することができませんが、借入可能額は250万円以下となっており、年利も1%となっています。

低金利で資金調達も可能

銀行や消費者金融で借り入れをする場合よりも大幅に金利が低いため、低いコストでまとまった資金を借りることができます。

受け取った融資は住宅や事業性資金として利用することができます。
一般的に定年を迎えたあとは消費者金融や銀行からお金を借りることが難しくなります。カードローンなど各種ローンの年齢制限は65歳までとなっているものも多く、年齢制限が高いものでも70歳までのものがほとんどなためです。

それは定年を迎えると給料による収入が激減してしまうため、社会的に金融面での信用力が落ちてしまうことと、健康面でのリスクが高くなるためです。

近年では70歳を超えても元気な人はたくさんいますが、一般の金融機関では個人個人の健康状態までは考慮してもらえないのです。

年金を担保にお金を借りる方法

もし担保にお金を借りた場合は返済は年金から行われることになりますので、返済が終わるまでは受給がストップすることになります。

借りたお金を全額使ってしまうと生活するのが難しくなってしまうので、返済が完了するまでの生活ができるようにしっかりと資金を確保しておかなくてはなりません。

金利が低いので借金が雪ダルマ式に膨らんでいくようなことはほとんどありませんが、計画的な利用が必要です。

実は銀行や消費者金融などの一般的な金融機関にも、こうした公的な機関からお金を借りる方法はさまざまあるのです。

しかしあまり知識のない人を騙そうと、違法な組織があっせんしようとしたりすることもあります。あっせんは行っていませんので、自分で直接申込をしなくてはなりません。

おかしな業者にあっせん料や手数料を払ったりしないように気をつけましょう。

年金を担保にお金を借りる
年金を担保にお金を借りる方法
年金でお金借りる
年金からお金を借りる
年金を借りる
障害年金でお金を借りる
年金手帳でお金を借りる
厚生年金でお金を借りる
お金を借りる方法
お金を借りるには

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ