年金生活者の実態とキャッシング 年金保障制度による融資

カードローンやキャッシングの融資を受けるには、絶対条件として毎月の安定した収入に加え、貸金業者が定める年齢に合わなければいけません。

多くは20~69歳までとなっているため、例えば65歳で定年退職をし、以降が年金を受け取るような生活でも、確かに安定した収入と言えるため、条件に合致することになります。

しかし、貸金業者も誰にでも融資をすると言うわけではないため、審査が非常に厳しくなり、仕事による収入を得ていない人では落ちることも少なくないようです。

年金生活でお金に困ったら?

年金生活者としては、これまでの生活で貯蓄をしたり、厚生年金などで潤沢な老後の資金を得ているならば問題ありませんが、全ての人が同じ条件というわけでもなく、生活に困ることも少なくないはずです。

特に年齢を重ねるたびに病気のリスクは高まっていくので、病気になったりケガをすることもありますし、例え健康保険があったとしても高額な医療費が必要になってくることもあります。

年金生活のお金の実態

そうした突然の出費をまかなうために、キャッシングによって融資を受け、一時的に支払いを済ませた後で年金による返済をしようと考える人もいます。

しかし、年金生活者の中で収入が年金のみという人は、銀行や消費者金融からお金を借りるのは現実的に厳しいようです。

前述の通り、病気やケガのリスクが高いため、例え安定した収入があったとしても、返済中に入院してしまった、またはある日突然にというような出来事も起こり得るため、融資する側としては慎重にならざるを得ないのです。

年金だけでは仕事をしていた頃に比べて年収も大幅に下がるため、十分な返済能力があるかどうかという点で不安が残ります。

銀行なら65歳、消費者金融では69歳までとするところが多いですが、年齢を重ねるごとに審査は厳しくなるので、申し込みをする前から覚悟はしておいたほうが良いでしょう。

年金保障制度による融資

お金を借りることができないと生活が成り立たないという人は、無理にキャッシングを考えずに年金保障制度による融資を受けることも考慮すると良いです。

独立行政法人福祉医療機構が実施する年金担保融資制度は年金生活者を対象におこなっている制度なので、基本的には融資できませんというようなことはないのが強みです。

当然ながら10~250万円まで、連帯保証人が必要といった条件が付きますが、年利は1.6%と消費者金融の15~18%に比べて大幅に低いため、まずお金が必要になった場合は年金担保による融資を受けた方が良いです。

年金生活者,キャッシング

年金生活者の家計簿
年金生活者の実態
雑所得 20万円 年金生活者
ふるさと納税 年金生活者
年金生活者支援給付金
年金生活者等支援臨時福祉給付金
年金生活者ブログ
年金生活者の確定申告
年金生活者の税金
年金生活者の投資

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ