生活保護 条件 高齢者の最低生活費 申請 条件 車 貯蓄や住宅

/ Pixabay

老後の生活に関して、夫が「いざとなったら生活保護を受ければいい」と言う。最近、妻がこんな事を相談するケースが多いそうです。

老後破産いざとなったら生活保護受ければいいと思ってる人がいると思うんですけどこれは結構音のほうに多いそうです。

 

生活保護 条件 高齢者

夫のこんな発言に妻は黙って複雑なな顔をしてることが多いそうです。
妻が老後の家計の相談をすると時にこんな発言をするのは主に夫のほうに多く見られます。
多分、心のどこかで自分が先に逝くとの思いがあるからかもしれないですが
、自分の最後は妻に看取ってもらい後は知らない。なんていう夫が増えているそうです。

生活保護を受ける条件は高齢者とて厳しい審査があります。
自分の好きなことでお金を使い果たして先に逝った夫の後に残された妻。

生活保護 条件 最低生活費

結局、生活保護の対象になるのは夫でなくて妻だけになります。
これは困りますね。

生活保護は最低限度の生活を送れない時にその不足分2回で税金を財源にして支給される制度です。

生活保護の条件は最低生活費を得られない収入の場合となります。

生活保護 申請 条件 車 貯蓄や住宅

そのため生活保護はそう簡単に受給できるものではありません。
まず所有する車 貯蓄や住宅などの財産年金等が調査されます。

子供がいれば子供が扶養できないかも調査されされます

使ってない土地や家屋や車などがあれば売却等をして生活に当てることが当然求められてきます。

当然、生活保護を受ける前に、働けるのなら働いて稼ぐことが要求されます。

親族等から援助を受けられればその援助が優先されます。

そして、生活保護を受けるとかなり生活の自由が制限されます。

そもそも生活保護の財源は国民の税金です。

生活を生活保護を受けることは
自立して一生懸命働いて生活が苦しくても真面目に誠真に税金を払っている人たちから施しを受けていることになります。

最初から生活保護をあてにべきではないありませんし、国もそう簡単に生活保護 申請 条件を認めるわけにはゆかないのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ