年金受給額の減額|年金減額支給の理由

日本の年金制度では国の年金は一生涯受け取ることができます。

しかし、高齢社会に突入した現在の年金制度では年金の財政は今後ますます厳しくなることが予想されています。

年金受給額の減額は避けて通れない道となっています。

年金減額支給の理由

お年寄りに配られる年金の原資は現役世代の支払う年金保険料がと税金です。

現役世代は子供やマイホームのローンを抱えておりいつも家計が苦しい人たちです。

平均寿命が伸びていって高齢化社会に突入している今、
高齢者の数が増えている現状では

現役世代から徴収する年金を原料や税金を増やすのではなく高齢者一人当たりの支給額を減らすのが筋なのです。

なぜなら、今受け取って いる人の年金を減額することは既得権益に立ち入ることになります。

そのため今後は、今受け取ってるしたともかくこれから受け取る人から減額しようとなってしまいます。

年金受給額の減額はどこから手をつけられるのか?

といっても減額の対象は財政や年金以外の収入がある人年金が減っても比較的痛みの小さい人などが中心になると思われます。

しか しどこで線引きされるかによってあなたが減額の対象にならないとも限りません。

50歳代以下の人たちは年金の支給額が今の水準よりも引き下げられられる可能性 が高いと考えている人方が間違いないでしょう。

コメントを残す

このページの先頭へ