年金生活の実態と老後の生活費の不安

年金生活,実態

年金生活の実態は?


定年を迎えるにあたり
老後の年金生活の不安を訴える人が多くなっていますが、その実態については老後の生活費と受給する年金のギャップに対する不安が大きいようです。

そこで、年金生活の実態を調べてみることに。

老後の年金生活の実態は

老後の生活費の平均は、総務省「家計調査」では(H26年)

  • 60~69歳の世帯で月24万9214円
  • 70歳以上の世帯でで月20万487円

となっています。

一方、年金の受給の金額は、月22万6000円ほど(モデル世帯)

そうすると、なんとかギリギリという感じがしますが、その実態は
年金収入だけでは赤字 になることがほとんどです。

まず、老後の生活費の平均が月24万9214円では厳しすぎるかもしれません。60代だとまだ住宅ローンが残っていたり子供が大学に通っている世帯も多いのではないでしょうか?

住宅ローンや子供の教育費を考えるともっと生活費が多くかかる世帯が多いはずです。

平均的な生活費ではなくライフプランにあった自分の家族環境にあった
老後の生活費を考えなくてはなりませんね。

また、前述の
年金の受給の金額といわれる月22万6000円のは
モデル世帯として受給された年金の金額で実際の年金額の平均は、日本年金機構の統計(平成26年8月現在)ですと20万926円となっていてモデル世帯での算出より実際の支給額が2万円5000円以上も低くなっています。

老後の年金生活の不安

さらに
年金支給開始の年齢によっては、さらに不足額する。

今後、マクロ経済スライドにより年金額が減額する。
などの不安材料が挙げられています。

関連記事
マクロ経済スライド 発動 実施2015年 年金に影響 わかりやすく

このような、年金生活 実態に対して
どう対処すればいいのでしょうか?

年金暮らしの実態はかなり厳しいものがあります。

生活費の不足分は働いて勤労収入を得る

預貯金などの金融資産から賄う

しか方法はなさそうです。

このような年金生活の実態に対応して
高年齢者雇用安定法の改正で厚生年金支給開始年齢までは希望者全員を継続雇用するよう企業は義務づけられています。

従来の定年だった60歳以降も、賃金が低下しても働く場がある限りは働いて生活費としての収入を少しでも確保する事が必須だと思います。
また、若いうちから老後資金をしっかりと準備しておくことも今後は必須といえそうです。

コメントを残す

このページの先頭へ