年金受給手続きに必要な書類と年金受給開始年齢


年金受給手続き,書類,年金受給開始,年齢

年金受給手続き 書類と年金受給開始年齢


年金を受取るには手続きが必要ですがいったい何を提出すればいいのかわかりにくいですよね。

年金受給手続きには
書類を準備して各窓口へ提出しなければなりません。

年金の請求は、在職中か退職しているかにかかわらず、年金受給開始年齢になる誕生日の前日から行うことができます。

間違いやすいケースろしては、年金の受給時期でも働いている人が
働いているうちは収入があるので、後で請求したほうが得と思い
請求しないケースがあるようです。

年金の受給手続きに必要な書類

ところで、年金の受給手続きにはどのような書類が必要でしょうか?

年金の請求に必要な書類ですが

日本年金機構から送られてくる

  • 裁定請求書
  • 戸籍謄本(または住民票などの生年月日を証明できる書類)
  • 受け取り先の金融機関の預金通帳
  • 認印

それと以下のケースの場合の手続きに伴う書類が別途必要です。

年金請求書の記入内容によって以下の添付書類が必要になる場合

年金手帳もしくは厚生年金保険被保険者証

基礎年金番号以外の年金手帳をもっている場合

年金加入期間確認通知書

共済年金に加入もしくは加入していた場合

年金証書または恩給証書のコピー

請求者または配偶者が既に他の年金を受給している場合

雇用保険被保険者証のコピー

雇用保険に加入していた場合

配偶者または子供がいる場合に添付書類が必要になる場合

配偶者または子供の課税(非課税)証明書

厚生年金を請求する場合で65歳未満の配偶者、18歳に達した子供
がいるなどの理由で加給年金が支給されている場合
また、20歳未満の障害を持つ子供がいる場合は医者の診断書も必要。

請求者本人の課税(非課税)証明書

請求者の老齢基礎年金に振替加算が支給されている場合。

年金受給の金額に疑問がある場合は
「ねんきんダイヤル」「ねんきん定期便・ねんきんネット専用ダイヤル」
へ連絡して確認する方がいいでしょう。

コメントを残す

このページの先頭へ